かきかけ日記

たべもの、グルメ、日記。 たまにヘタクソな絵を描きます

秋風と朝帰り 【毎日に疲れたOLの恋愛模様】

ひんやりとした風が薄手のTシャツを揺らす。すぐ隣で突然鳴き始めた踏切警報機が、今にもふわりと飛んでいきそうな私の意識を現実に引き留めた。カンカンカン…規則正しいその音が、静けさに慣れた耳の中で嫌に響いた。

 

道の先に、黒い学ランを着た青年が自転車に乗ってこちらに向かってくるのが見える。高校生くらいだろうか。

すれ違うとき、青年の学ランから、独特な木材の匂いが微かに薫った。今朝方、大急ぎでタンスから出してきたのだろう。

少しだけ白くなった息を吐きながら額にはじんわり汗をかいたその青年を横目に、私はなんだかいたずらをした子どものような気持ちになった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

「さむ…っ…」

身震いと共に目覚めた私は、隣でまだ夢の中にいる男が奪った私のタオルケットを半ば乱暴に手繰り寄せて、すっぽりと包まる。

彼の体温を帯びたそれは昨夜のことを思い出させ、にやけそうになるのをこらえながら、締め切ったカーテンから顔だけ出して外を見た。

朝の光が寝起きの目に沁みたが、ガラス越しにも伝わる冷気に再び身震いをした。

昨日までの暖かさは、私が浮かれていただけだとでもいいたげに、街はしゃんとした顔で秋風をまとっている。

「もう行くの…?」

後ろからくぐもった声が聞こえる。まだ枕に顔をうずめたまま、半分夢の中のこいつは私の…いや「私の」というには遠い、でも心の隙間を埋めてくれる唯一の人、だった。昨日までは。

きっと目が覚めるころには忘れているだろうけど、軽く「うん」とだけ返事をして私は帰り支度をする。

まだTシャツが心地よかった季節に、彼のやさしさに甘えてしまった私。お互い恋人がいるわけでもないけれど、ちゃんとした言葉を伝えないまま、ただ確かに感じる肌のぬくもりを分け合っていた。

こんな関係がいつまで続くのか、きっといつまでも続くのではないだろうかと思っていたのだけれど。

昨日の夜、彼は私に好きだと言った。

顔を見られたくなかったのか強く抱きしめられた胸で鳴り響く鼓動が、何よりも彼が本気であることを物語っていた。

 

私は幸せだったのだ。

 

社会人2年目。就職活動が冬まで食い込み諦めかけていたところを救ってくれた会社で、落ちこぼれでもないけれど大した成績も残さずコピーアンドペーストしたような毎日。私の代わりなんていくらでもいると自覚し、そんな自分が嫌で情けなくて。それでも幸せだったのだと、耳元で響くどくん、どくんという音に包まれながら噛み締めた。

 

支度を始めてほどなく、規則正しい寝息が聞こえてくる。次に目を覚ますのはきっとお昼過ぎだろう。今度は会社になんて言い訳をするつもりなのか。彼は職場で、多少ズル休みしても許してもらえる空気を手に入れているらしい。人たらしが為せる業だ。

 

そっと、彼の髪に触れてみる。少し硬いその髪は、寝相の悪さによって右に左に踊っている。撫でて平らにしても、ぴょんと跳ね返ってくる寝ぐせは、彼の無邪気さに少し似ていて、私の胸のあたりをくすぐった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――

駅のホームでベンチに座りながら、通り過ぎていく人々に目を向ける。

ベージュのコート、黒いジャケット、茶色いカーディガン。皆がそろえたかのように一気に落ち着いたトーンになった人混みの中で、私の真っ白なTシャツだけが浮かれていた。

次の電車に乗り、家に帰ってもう一度外へ出かけるとき、私もこの人混みの色に染まるのだろう。

なんだかそれがもったいなくて、Tシャツの首元とキュッと握った。

電車到着のアナウンスがホーム内に響く。

このままずっと、ここにいたい。

子どもじみた願いで馬鹿馬鹿しい。けれど、自分にもまだこんな気持ちがあったことを、ただ素直に嬉しいと思った。

 

==================================

追記

このお話は、吉澤嘉代子さんの「残ってる」という曲からイメージをもらい書いてみたお話です。

毎日にどこか無気力で、けれどもそんな中で幸せを見つけたとき、その感覚をずっと噛み締めていたい。大人になっても譲りたくないまっすぐな気持ちというのを、このOLさんのお話で表現してみたつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪 中崎町 ライスカルボナーラ (食堂PLUG)

中崎町は言わずと知れた「おしゃれカフェの聖地」なわけですが。

そんな中崎町で見つけてきました絶品グルメ!

 

ライスカルボナーラです!

f:id:Asanon73:20171009230909j:image

 

名前の通り、カルボナーラのライスバージョン!

チーズが濃厚で、卵がとろ〜り…幸せが広がりました…

 

フレンチトーストやケーキなども美味しいのでぜひランチに、ディナーにオススメです!

フォトジェニックな店内も要チェック!

 

 

恋人に財布をプレゼントする、それはもうプロポーズなんじゃないかと思った

f:id:Asanon73:20170908235050p:plain

大学2年の冬。

年が明け、山と畑に囲まれた実家から大阪のワンルームマンションに戻ってきたころ、私はある問題を抱えていた。

 

それは”来月に控えた恋人への誕生日プレゼントをどうするか”ということ。

 

情けない話、私は20歳を迎えるまで男性へのプレゼントをまともに選んだことがなかった。

もちろん、兄弟や父は除いて。

高校生の頃はじめてできた「彼氏」には、悩みに悩んだあげく、何故かパワーストーンのブレスレットをプレゼントしてしまった。今思えばスピリチュアル好きなおばさんのようなセレクトをしてしまったと、恥ずかしくて記憶を塗り替えたいくらいだ。

その頃は付き合うということがよく分からず、結局その彼とは1ヵ月もしないうちに別れることになってしまったのだけれど。

あんなにセンスのないブレスレットを大事そうに毎日つけてくれていた彼は、本当に優しい人だったと思う。

 

そんなわけで、私は恋人へのプレゼントを選ぶセンスが皆無のまま成人を迎えてしまったのだ。

「男性 プレゼント 喜ぶ」「プレゼント 恋人 ランキング」

検索履歴がこんな言葉で埋め尽くされる。

ネクタイはまだ必要なさそうだし、靴は履き心地とか分からないから不安、アクセサリーは…やめとこう。

時計のプレゼントは「あなたと一緒に時を刻んでいきたい」なんて意味があるらしい。ちょっと重いかな。

 

ふと、彼が使っていた財布がだいぶ年季が入っていたことを思い出した。いつか、高校生の頃から使い続けていると言っていた気がする。

財布…買い替える予定あるのかな。

初めてのプレゼントにしては張り切りすぎだろうか。

時計に「同じ時を刻む」という意味があるのなら、財布にはどんな意味があるのだろう。

2人のためにお金を使っていこう?一緒に家計を守っていこう?

考えれば考えるほど、「財布をプレゼントする」それはもうプロポーズなんじゃないかと思った。

 

それから2週間ほど悩んだが、結局意味合いなんて気にしていたら何にも買えないという結論に至り、一番実用性があると思った財布をプレゼントすることに決めた。

友人にオススメを尋ねると、ブランドにとことん疎い私には理解できない単語をいくつか発し「まあ結局好みだよね」とめんどくさそうに言った。

 

結論から言うと、私はいわゆる有名ブランドの財布を選ばなかった。

彼がどんなブランドが好きかも、そもそもブランドにこだわる人かも分からなかったからだ。

私のように、高価なブランドよりもその場で出会った良いものを好きになってくれる人ならうれしい、そんな思いもあったけれど。

 

ふらっと立ち寄ったこじんまりとしたお店で、その財布と出会った。

「革製だから、年季が入るといい味が出るよ」店主らしきおじさんが目尻を下げながら笑う。

使い続けるほど魅力的になる。素敵じゃないか。

輝くブランドロゴがついているわけではないけれど、皮の艶やかさはどんなロゴよりもきれいだと思った。

「これにします」即決した私に気を良くしたのか、おじさんはサービスで財布に名前を刻印してあげると言ってくれた。

気恥ずかしかったが、紙に彼の名前を書いて「プレゼントなんです」と渡すと、

 

「張り切って名入れしなきゃね。とびきりの贈り物になるよ」

 

ハッハッハと上機嫌なおじさんの笑顔を見て、私はなんだか安心した。

きっと彼も喜んでくれる。

誰かのことを本気で想って選ぶ贈り物は、いろんな人の想いが詰まってキラキラ光る。

そういうものなのかもしれない。

彼にこの財布を渡すとき、目尻をしわくちゃにしながら笑う、この上機嫌なおじさんの話をしてあげよう。

そんなことを思いながら、少し軽くなった足取りで帰路についた。

 

 

 

 

鎌倉 和菓子 陸乃宝珠(源吉兆庵)

f:id:Asanon73:20170908194356j:image

 

至高とは、まさにこのこと。

そんな和菓子に出会いました。

 

知っている人にはとても有名な、

マスカットを使った和菓子「陸乃宝珠」

 

鎌倉は本当に美味しいもので溢れていました。

その中で見つけてしまった源吉兆庵さん。

f:id:Asanon73:20170908194806j:image

しゃりしゃりとした砂糖をまぶした求肥の中からは、瑞々しいマスカットが。

口の中を爽やかな甘さで癒してくれます。

 

この美味しさが忘れられず、お取り寄せしようとしたらもうすぐ今期は販売終了するんだとか。

 

1人でも多くの人に味わってもらいたい一品なので紹介させていただきました。

ぜひご賞味あれ。

 

 

 

 

自分の心を締め付けてまで、いなければならない場所なのか

「教室 写真 大学」の画像検索結果

 

 

私は金曜日が嫌いだ。

皆が「明日から休みだ」と自分の頬を叩き直す金曜日、

一週間頑張ったご褒美に明日から何をしようか、と心を弾ませる金曜日。

 

私にとっては、一番心が毛羽立って、息が詰まる金曜日。

 

この日が来なければいいと思う。

いっそ休みなどなくて、ずっと木曜日のままでいい。

いや、やっぱりずっと続くなら土曜日が良いかもしれない。

とりあえず、金曜日は来てほしくない。

 

お昼休みがもうすぐ終わるころ、

ガヤガヤと階段を下りていく集団を横目に見ながら、流れに逆らって私は一段ずつ踏みしめるように上に、上にと足を運ぶ。

そして、外は晴天だったはずなのに暗く冷え切った廊下をすり足で進んでいく。

私が一番来たくない場所に、今週も来てしまった。

重い扉を引くと、ギィ、と耳障りな音を立てた。

 

ああ、この音も嫌いだ。

 

既に着席していた友人と軽く挨拶をかわし、一番窓側の一番後ろ、部屋の電気がうまく届かず陰になっている席に座る。

適当にスマホをいじっていると、後輩がSNSにお昼食べたラーメンを投稿していた。

ふと、お昼ご飯を食べていなかったことを思い出しお腹がすく。

 

2分もしないうちにチャイムが鳴った。

鳴り終わるころに急ぎ足で教室に入ってきた中年のおじさんは今日もなんだか不機嫌だ。

この授業で取り組んでいるプロジェクトが、どのチームも上手く進んでいないことに痺れを切らしているらしい。

 

ああ、憂鬱。

またこのおじさんの小言を聞かなければならない。

 

 

やる気がないとしか思えない。なんでやらないんだ。

伝わらないのは、君の言い方が下手だからだ。

口出ししてほしくないなら勝手にやればいい。俺は知らない。

この役割は君にできるのか?他の人にやらせろ。

 

口を開くたび場を凍らせる。なんでそんなことしか言えないのか。

 

自分の心の中に、黒くてもやもやしたものが増えていく。

自分の人生の中に、この金曜日があるだけで毎日心がざわつく。

次の金曜日まで、毎日カウントダウンをさせられる。

 

投げ出したら負けだろうか。

このざわざわは、乗り越えたら成長できるざわざわだろうか。

周りに迷惑はかけたくない、逃げたくもない。

けれど、それだけが大事なことだろうか。

あえて自分をこんな状況の中に置いて、ずっと耐えていなくてもいいのではないだろうか。

 

自分の心を締め付けるものからは、時々逃げても良いと思う。

わくわくしたり、ときめいたりする気持ちよりも無くしちゃいけないものは、きっと無い。

それに、ちょっと離れてみることで見えてくる世界もあると思うから。

 

そういってくれる人を、私はずっと待っている気がする。

 

我慢。

f:id:Asanon73:20170908123148j:image

 

なぜか来週にプールの予定を入れてしまったので、

今後露出は減っていくだろうと余裕をぶっこいてぽっこり顔を出してきた下腹をどうにかせねばならない…

大阪 南方 ラーメン (ドラゴンマン)

f:id:Asanon73:20170905184622j:image

【濃厚】の文字が並ぶラーメン屋さん

最近、南方駅すぐのところにできたドラゴンマンさんにやってきました〜

 

f:id:Asanon73:20170905184759j:image

こちらは塩ラーメン!

といっても鶏白湯なので、スープが真っ白&ドロドロなんですね。

レアチャーシューのピンクが白のスープによく映えています。美しい…

 

細い麺にスープがしっかり絡んで、濃厚なのにツルツルっといけてしまう不思議な感覚を味わうことができました。

 

f:id:Asanon73:20170905185211j:image

テーブルに常備してあるのは、水ではなくルイボスティーという、お腹にもやさしいラーメン屋さんでした。

 

らーめん専門店 ドラゴンマン 西中島店

食べログらーめん専門店 ドラゴンマン 西中島店